相談する事で楽に債務整理~弁護士に頼るという方法~

男性

遺産の放棄

弁護士の選び方

亡くなった人が多額の借金を負っていたことが判明し、あとに残された家族が大慌てするハメになるケースが少なくありません。大阪に住んでいる人が、まさにそのような事態に陥って困っているというのであれば、一刻も早く弁護士に相談して、適切な方法で対処してもらうようにした方がよいです。幸いなことに、大阪には相続問題を専門に取り扱っている弁護士が大勢います。大阪には企業の本社や支店がたくさんありますので、企業法務ばかりを取り扱っている弁護士も存在しています。そのような弁護士に相続問題の相談をしても、きめ細やかな対応をしてもらえない可能性が高いです。弁護士にとっては基本中の基本とも言える簡単な手続きであったとしても、素人にとっては全く未知の手続きである場合が大半です。ですので、相続絡みの問題は、相続問題の対応を得意としている弁護士に持ち込むようにするのが一番です。

弁護士の利用

先程も述べたように、大阪には相続問題の対応を得意としている弁護士がたくさんいますので、亡くなった人が残した借金問題で困っている場合も、すぐに適切な対応策を講じてもらうことができます。故人が残した借金を背負い込みたくない場合は、故人の死から3ヶ月以内に相続放棄申述書を家庭裁判所に提出する必要があります。以前は、3ヶ月の熟慮期間がかなり厳密に適用されていたため、相続財産の調査に手間取った結果、借金を背負い込むハメになるケースが少なくありませんでした。しかし、近年になり、この熟慮期間の適用がかなり柔軟になってきています。簡単に言うと、一定の条件を満たしてさえいれば、熟慮期間経過後でも相続放棄が認められるようになったのです。そのため、今後は弁護士のサポートを受けて、熟慮期間経過後に相続放棄手続きを取る人が増えるだろうと予想されています。