相談する事で楽に債務整理~弁護士に頼るという方法~

男性

税に関する専門家

税務申告書で工夫する点

事業を行っている人や一定の金額以上の財産を所有して亡くなった人は、税務署へ申告書を提出する必要があります。前者は、法人税や所得税さらには所得税です。後者は亡くなった際は相続税であり、暦年において贈与した場合には贈与税の申告書です。税務に関係する書類を作成する際に、税理士に依頼するというのもひとつの方法です。一般の人が申告書を作成することは非常に難しくまた特例を使い漏れたりすることもあります。税務に関する申告で工夫する点として、特例を使うことは非常に有効です。特例は原則以外の処理を規定したものであり、納税者にとって非常に有利な規定になっていることが多くあります。これは年によって改正などがあるため一般の人にはなかなか把握することは難しくなっています。

税務で知っておくと良い点

税理士は、税に関する専門家であり国家資格を有していることが必要です。大阪には約8,300人が登録しています。これは登録している人だけのため大阪だけでも9,000人を超える人が国家資格を有していると推測されます。税理士の報酬は、各事務所によってそれぞれです。知っておくべき点として税理士の報酬は税理士会などによって定められていないということです。平成14年までは報酬規程があり、上限が定められていましたが、この規定は廃止されています。したがって依頼する前にその税理士に支払う報酬がいくらなのかということを把握することが必要です。税理士の大阪における相場は、年商によって様々ですが、約月30,000円の顧問料が大阪における相場となっています。