相談する事で楽に債務整理~弁護士に頼るという方法~

男性

税務専門サービス

税金のエキスパートとは

大阪には、数多くの税理士事務所があります。大阪は商人の町と言われているだけあって、大小を問わず様々な会社の本支店が設けられています。会社を経営していると、毎年法人税の支払い義務が発生します。この法人税は、たとえ会社が休眠状態にあったとしても必ず支払わなくてはならない税金です。また、会社を設立する際や解散する際には、特別な税務手続きが必要になります。つまり、会社経営と税金は、切っても切れない深い関係にあると言うことができるのです。この税金のエキスパートが税理士です。先程も述べたように、大阪には数多くの税理士事務所が存在していますので、大阪以外で営業している会社に比べると、質の高い税務サービスを利用しやすくなっています。

顧問契約

会社の規模が大きい場合は、社内に法務部門が設置されており、税理士や弁護士が社員として雇用されているケースが多いです。しかし、中小企業の場合は、自社内に法務部門を設置することが難しいのが実情です。そのような専門部門を設けて担当社員を確保するということになれば、多大なコストがかかってしまうことになります。そのため、中小企業の多くは、自社内に法務部門を設置せず、必要に応じて外部のマンパワーを利用するという形を取っているのが一般的です。ただし、個別の案件ごとに専門家を利用するよりも、特定の事務所と顧問契約を結んでおくようにした方が、経費を安くあげられる可能性が高くなります。実際に、大阪で営業している中小企業の大半は、特定の税理士事務所と顧問契約を結び、継続的にサービスの提供を受けています。